実は依存症かもしれません

キャッシングを頻繁に使う方の中には、特に必要が無いのにお金を借りて、それを買い物やレジャー等に使って散財し、また借りるという方が少なくありません。人間だれしもお金が必要な時はあるので数回キャッシングをしただけの人もすべてそうとは言えませんが、返済不可能になる方の中には買い物依存症という心の病気の方が相当数おいでだと言われています。
買い物をすると、楽しいし、気持ちがすっきりしますよね。お金を使えば店員さんがちやほやしてくれるし、流行のものを手に入れると安心する。こういった事は誰もが経験することです。私も買い物が大好きで、たまにストレスがたまると後からなんでこんなものを買ったのかと思う買い物をすることがあります。こういったものは一過性のもので、依存症とは言えません。問題になるのは生活や家族関係に影響するほどの買い物をし、自分でも止めたいと思っても止められない方です。脳は快楽を味わうと更にそれを得ようとする性質を持っています。そのため常に快楽を味わっていないと気が済まなくなります。
読者の皆様の中でこういう傾向がある方はサイトを閉じてください、プロミスのサイトをみるのもやめましょう。絶対にキャッシングをしてはいけません。まずは依存対象に接触しない。これは精神科医が患者に指導する方法です。お金を借りる前にご自分で自分はお金を得られなかった愛情の代替物の獲得方法にしていないか考えてみてください。お金が返せなくて困る人が出ると、融資側も責任をある程度負わねばなりません。プロミスの社員さんを「加害者」にしてはいけません。